JESSE × REN、二世だからこその葛藤と希望。: Motivators Vol.01

photography_Tom Urasoko, text_TAISHI IWAMI

JESSE × REN、二世だからこその葛藤と希望。: Motivators Vol.01

photography_Tom Urasoko, text_TAISHI IWAMI

HIPHOP界にこの人ありのZeebraを父に持ち、現在は東京クラブシーンにおいてアップカミングなDJとして注目を集めるREN。そんな彼が“今もっとも話したい人”を迎えるシリーズ「Motivators」の第一弾に指名したのは、RIZEやThe Bonezのフロントマンとして知られるJESSE。彼もまた日本を代表するギタリストCharを父に持つ二世ミュージシャンだ。世代はひと回り違えど、何かと共通項が多い先輩からのメッセージにあったキーワードは“フッド”。地元戸越を愛する心意気が創るカルチャーには、多種多様な人々が日々めまぐるしい動きを見せる街、渋谷が生む“最先端”とはまた違った魅力があった。

– JESSEさんは1980年生まれで、RENさんが1992年生まれ。年齢は干支ひと回り違いますが、2人が出会ったのはいつ頃ですか?

REN:親父のつながりで俺が5歳とか、それくらいだったと思います。でもよく遊ぶようになったのは俺が10代の後半にアメリカから帰国してからですね。

– お二人ともインターナショナルスクール出身で。小さな頃から国際感覚を養えるのはいい経験ですよね。

JESSE:それはそうなんですけど、一度インターに行くとずっとインターだから日本人の社会に馴染むのはすごく難しい。そこまで漢字も覚えなくていいし、敬語の使い方もわからない。まずそこでつまずく。だからスキルを磨くしかない。それで「お前ヤバいじゃん」ってなれば生きていけるから。そうしているうちに、RENじゃないと俺をつなげられないことも出てくるんです。「その話はREN通してくれる?」って。それはRENが持っているキャラがJESSEということで、それはスキルのひとつだから。そうやって生き延びる。

REN:そこはJESSEからいろいろ学んだよね。曲作りを覚えたのもJESSEが持っていたMPCから。JESSEがトモ(※Zeebraの実弟であるSPHEREのこと)に渡したのを俺が使ってたの。

JESSE:覚えてるよ。RENはもはやトモのパシリみたいになってたよね(笑)。

REN:そうそう、サイドキック・ボーイ(笑)。

JESSE:サイドキックは本当に大事な存在。トモは俺のマイメンだし、あいつがRENを付けたときは嬉しかったね。まあ現場はめちゃくちゃだったと思うけど。

REN:もうハチャメチャ(笑)。「この人、本当に俺の家族?」って今でも思うよ。

JESSE:俺もとある箱のDJに付いてた。例えばアナログを2枚使いするときとか、レコードを探してる時間がないから次のレコードを渡す役目をしたり。そのうちに「お前そこにマイクあるから喋ってみ」って、それでMCをやるようになった。MC(master of ceremonies)とラッパーはまた違うんだけど。

REN:オールドスクールだね。そこからDJにはならなかったの?

JESSE:DJは練習したこともあるんだけど、全然BPMが合わせられなかったんだ(笑)。それからしばらくしてブレイクダンスにはまって。ダンサーって鏡になるような大きな窓のところに集まるでしょ? そしたらその近くでグラフィティやってるB-Boyがいたんだ。それで俺もグラフィティに目覚めたんだよね。”B-Boy”ってのは”Break”、壊すってこと。自分のオリジナルが出せたから楽しかった。めっちゃ下手なんだけどね。

REN:そこからの練習とか努力だよね。

JESSE:ホントに。それがすべてだよ。2003年にLAに行ったんだけど、プラスチックの下敷きよりちょっと薄めの板みたいなのを自分で見つけてきて、それにアルファベットのAからZまで書いて、はんだごてで切り抜いて版を作ったんだ。それを使ってTシャツにスプレーしてヴェニスビーチで売ったんだよね。1枚10ドルで1000ドル貯めた。それがこの店(JESSE’S SHOP & FACTORY)の原点。ここは音楽で稼いだ金はいっさい使ってないからね。とにかく必死でやってきた結果だから誇りに思ってる。

– 4月に行われたRIZEの20周年ツアー「RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”」の初日を観ました。そこから1年かけてツアーをして、そのラストは日本武道館。RIZEの動向やパフォーマンスには何か特別なサバイバル力みたいなものを感じていて、そこはインター出身ということも関係があるように思うんですけど、どうですか?

JESSE:やる奴はやるしやらない奴はやらない。そこはインターでも日本の学校でも一緒だと思います。でもインター出身であることって、一見得しているように見えて不利な部分も多くて。俺は日本の国籍がないから外国人登録証明書を持っていないと捕まっちゃう。クレジットカードを作るにも信頼がないし、選挙権もない。だから、やるしかない。でも、基本的にみんなリッチだから、汗水垂らさず贅沢してる人も多いのはたしか。

REN:そうだね。そういう面では不自由しないから。

JESSE:でも、どこかしらインターだからこそのガイダンスはあったのかも。このあいだ娘の宿題を見ていたら、「50+50=」って式があったんですけど、「なんか俺のと違う」と思って昔の宿題を探したら、俺のは「=100」って答えだけが書いてあって、その前の数式を自由に作るようになってるんですよ。それだと「1+1+……」って100回書く奴もいれば、引き算をする奴もいる。そこで個性が出る。

– 自分の力でなんとかしようとする意識も高まりそうですよね。

JESSE:そうですね。あとは親にもよると思います。

REN:Charさんはどうだったの?

JESSE:もうめちゃくちゃ。山の中に連れて行かれて「イーストに向かえ」ってコンパスだけ渡されて、どっかに走って消えた。コンパスの使い方なんてわからないからイーストが動きまくるし、日も暮れてどうにもならなくなると、木のうしろから出てきて「よく頑張った」って(笑)。

REN:それ本当のサバイバルだね(笑)。

– 二世ミュージシャンであることについて、お互いで話すことはあるんですか?

REN:よく話していた時期もありましたね。

JESSE:Zeebraさんは俺が憧れた最初のジャパニーズ・ミュージシャンなんです。一緒にカイキゲッショクってバンドもやってるんですけど、未だに友達になれないくらいすごい人だから。そこのせがれって聞いたときに「大変だろうな」って思いましたし。

REN:うん、大変だった。

JESSE:付いて回るからね。俺も「Charの息子ならジミヘンの『Purple Haze』の間奏2ヴァース目、弾けるでしょ?」とか言われたりしたから。

REN:俺は「なんでフリースタイルやらないんだ」ってよく言われたよ。

JESSE:「ふざけんなよ」って思うんだけど仕方ない。人の何倍も頑張ってやっと普通に頑張っているように見えるんだよね。だからやるしかない。俺らが半端なことしたら親父の顔に泥塗ることにもなるし。もし悪いことしたら親父も巻き込んで報道されるわけで。でも100%良い子にはなれないっていう。

REN:だから親父は背中で「上手くやれよ」って語ってくれてたように思う。でもたまに直接言われることもあって、その中で心に残ってるのは「JESSEを見習え」って話。「タトゥー入れるならJESSEくらい入れろ。あれは家族のことも含めていろんなことを背負ってるんだ」って意味合いのことを言われて。

JESSE:Zeebraさんは「RENとはCharさんとJESSEみたいな関係になりたい」って言ってくれたよ。めちゃくちゃ嬉しかった。

– JESEEさんとCharさんは今も戸越にお住まいですよね。昔ながらの商店街があって、その風情にこの店のようなストリートカルチャーを発信する場所が馴染んでいて、とても素敵な街だなあと。先ほどから前の道を通る地元の方々にJESSEさんが挨拶されるじゃないですか。渋谷や新宿にはない“ローカルカルチャー”を感じます。

JESSE:そこは一番大切にしているところですね。

REN:JESSEはずっと戸越にいてクルーがいるわけじゃん? 俺はそれ、めちゃくちゃ大切なことだと思うんだ。インターに入ると、地元の子供とは違う学校だから基本的に地元のクルーっていないんだけど、JESSEは小さい頃から戸越にいることで自然に輪が広がったの?

JESSE:いや最初は嫌われ者だったからね。学校も違うし”戸越の外人”ってあだ名付いてたくらい。でも俺はフッドスターに憧れてた。

REN:そこからどうやって?

JESSE:ばあちゃんが病院の先生で戸越にいる人全員のBCGを打ってたんだ。そうすると、みんなばあちゃんのことは知ってるから、そのレガシーを守ってる。今ここにいるスタッフは鹿児島だったり蒲田だったりから戸越に引っ越してくるようになって、まず自分たちでネイバーフッドを作った。あとは大人になるにつれて、ストリートカルチャーに興味が出てきた地元の奴らとも遊ぶようになっていった感じ。

REN:なるほどね。

JESSE:だから戸越に住む地元の人たちはタトゥーに関しても白い目で見ないし銭湯だって気にせず行ける。こういう見た目の奴がいても「JESSEくんの仲間だ」ってなるし。

– 出自がわかっていると安心しますもんね。

JESSE:とはいえ、まだこの店の前を通るのはちょっと怖いって子どももいるわけ。でもそういうことも大事だと思うんだ。勇気を出して来てくれたら超ウェルカム。前に、中学生のスケーターが3人で入ってきたの。いろいろ話して、服装もダサかったからジーパンとかあげて。今ではそいつらの仲間がちょっとずつ増えてきて、37歳の俺と遊ぶわけ。自分が子供の頃、37歳の人なんてもはやおじいちゃんだった。一緒に遊ぶなんて想像もできなかったから自分は「フッドを作れたんだ」て思ってる。

REN:俺は子供の頃から親父まわりの人がたくさんいて、いろいろもらってきたから分かる。そうやって物や知識を渡すことって大切だよね。

JESSE:そう。もらった分、自分も誰かに渡さなきゃいけない。

REN:こうやってちゃんと話を聞かせてもらうと、改めて憧れるよ。

JESSE:ここにいる奴らは、もし人生でも恋愛でも何かに悩んだときに相談ができるんだよね。でっかい街にいて誰かと会ったら辛くてもいきがっちゃうじゃない? でもこの店の前を通ったら、誰かがいて相談できるわけよ。でも、RENにもあるんじゃないの? そういう場所。

REN:出来つつある感じもするんだけど、そもそも俺がいる渋谷のクラブシーンには若い奴らが少ない。

REN DJ MIX

JESSE:俺は渋谷のことを”先っぽ”って言うんだけど。

– 先っぽ? 最先端ということですか?

JESSE:そう。雑誌とかに載る前の情報を手にするには渋谷にいなきゃいけないわけですよ。俺も“今日の先っぽ”はどんな形をしてるのか、それを見に行くことを頑張ってた。でなきゃ置いていかれると思ったから。今はお父さんになってほとんど戸越だけど。

REN:その感覚はわかる。

JESSE:先っぽにいることは大事なんだ。そこから時代を引っ張るような何かが始まるわけだから。でも、変に毎日先っぽにいると価値が下がっちゃう。当たり前になっちゃうともう何が新しくて良いのか分からなくなる。でも見栄張って表面はカッコつけて。そうしているうちに、本来そこにいるべき力を持ってるのに迷子になって潰れちゃうんだよね。RENはその最前線で自分を持ってサバイブしながらDJとかやってるわけじゃん? だから、RENのところに遊びに来た奴らで迷子になりそうな奴がいたらここに連れてきてほしいんだよね。俺は渋谷にはいないけど、戸越だからこそビギー(※ノトーリアス・B.I.G)や2パックしか持ってなかったフッド感はある思うんだ。

REN:うん、あるね。

JESSE:そういう魅力を知ることもまたひとつ。特にインターの子たちは、ただでさえはみ出し者だって感じてるからキツいと思うんだ。

– インターのイメージって正直「国際的でなんかカッコいい」というか、アドバンテージしか見てませんでした。

JESSE:実際、インターがどういったカリキュラムとか、どんな人がいるのかとか、何も知られてないわけですよ。日本にいながら社会に出て学校のことが共有できない。でもインターの奴らって“ファミリー”を大切にするから、仲間にはめちゃくちゃ尽くすんです。

– それはここ戸越とJESSEさんから伝わってきます。

JESSE:英語も日本語も70%しか話せない、そういう奴らもここに集まって分かり合えたら100%になれる可能性があるから。俺は12月にやるRIZEの武道館ライブをRIZER(RIZEのファンのこと)はもちろん、インターの奴らやB-Boyで埋めたいんだよね。

– 武道館で見る“フッド”のカルチャー。いいですね。

JESSE:だから、RENはRENで、自分たちなんか見向きもされてない、って先っぽで迷っている奴らを受け止めてやってほしい。いきなり俺が出ていっても、ひと通り経験した人間の正論みたいになって、逆に若い奴らにはリアルにフックできない部分もあるから。

REN:そこは世代的なこともあるし、渋谷にいるからこそできることもあるからね。親父やJESSEがやってることも近くで見てきた分、そこはやらなきゃいけないと思ってるよ。

INFORMATION

『RIZE TOUR 2017 ”RIZE IS BACK” 秋季爆雷』

2017年9月23日(土・祝) 新潟LOTS
2017年9月24日(日) 石川 金沢EIGHT HALL
2017年9月26日(火) 富山 MAIRO
2017年9月28日(木) 長野 NAGANO CLUB JUNK BOX
2017年9月30日(土) 群馬 高崎club FLEEZ
2017年10月5日(木) 栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
2017年10月7日(土) 福島 郡山HIP SHOT JAPAN
2017年10月9日(月・祝) 秋田 Club SWINDLE
2017年10月11日(水) 青森Quarter
2017年10月12日(木) 岩手 Club Change WAVE
2017年10月14日(土) 宮城 仙台Rensa
2017年10月29日(日) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
2017年10月31日(火) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2017年11月2日(木) 福岡 DRUM LOGOS
2017年11月4日(土) 鹿児島 CAPARVO HALL
2017年11月5日(日) 宮崎 SR BOX
2017年11月7日(火) 大分 DRUM Be-0
2017年11月9日(木) 愛媛 WstudioRED
2017年11月11日(土) 高知 X-pt.
2017年11月15日(水) 山梨 甲府Conviction
2017年11月16日(木) 静岡 LiveHouse 浜松 窓枠
2017年11月18日(土) 大阪 なんばHatch
2017年12月20日(水) 東京 日本武道館

■ REN

2017年7月16日(日) 千葉 PENTHOUSE『Alier』
2017年7月17日(月・祝) 東京 渋谷Contact『World Connection』
2017年7月21日(金) 東京 渋谷CIRCUS TOKYO『Shim』
2017年7月22日(土) 東京 渋谷Contact『Tobias. “Eyes In The Center” Album Release Tour』