FASHION 2019.04.11

prasthanaの2019AWのルックが到着。“音楽”から着想を得たアイテムがラインナップ

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

「都市生活におけるリアルクローズとしての機能と既成概念に捉われないデザイン性の融合」をコンセプトに、2015年よりスタートしたドメスティックブランド、prasthana(プラスターナ)の2019AWコレクションのルックが届いた。
“残響”というワードから着想を得たセットアップやエコファーを使用したボリュームのあるベスト、好みのシルエットにアレンジが可能なシャツなど、前シーズンに引き続き、デザイナーのルーツである音楽をデザインで表現しつつ、アーバンライフに最適なスペックを有したアイテムが展開されている。

ブランドのキーカラーであるブラックはあえてワントーンで表現され、異素材を組み合わせたスタイリングが、各アイテムの表情の違いを演出しているのも、今季のprasthanaの特徴だ。

Photography:Hidetoshi Narita
Styling:Tomoya Yagi
Hair&Make:Masaki Takada
Model:Yann Israel

FOLLOW US!!