BEAMS×SPACESHOWER TVによる音と映像の実験プログラム〈PLAN B〉Season 4を振り返る

BEAMS×SPACESHOWER TVによる音と映像の実験プログラム〈PLAN B〉Season 4を振り返る

昨年6月からBEAMSとスペースシャワーTVとの共同プログラムとしてスタートした、アーティストの「B面」を探る音楽と映像の実験場〈PLAN B〉。現在の音楽シーンを彩るユースクリエイターたちによる、コラボレーションプログラムだ。番組の企画書には何も書かれておらず、アーティスト自身がその企画書を埋めていくため、僅少な時間と予算を除けば、自由度は無限。これを制約と捉えるか、無法地帯と捉えるかは、アーティストの手に委ねられている―。今回は「シーズン4」として今年9月〜11月を彩ったアーティストの軌跡を振り返る。

Yogee New Waves、二度とない夏のドキュメント
[9月:Yogee New Waves×小林光大]

近年のいわゆるシティポップリバイバルの代表格として、長くインディシーンを先導してきたYogee New Waves。

これまでメンバーを固定せず活動してきた彼らだが、年明けにギターの竹村、ベースの上野が加入し、新体制となることを発表。
今年5月には、フルアルバム『WAVES』を実に2年半ぶりにリリースし、リブートの狼煙を上げた。その結果、念願のフジロックフェスティバルをはじめ、例年以上に大型フェス出演の機会を得た今夏は、いよいようねりを上昇気流に変える大きなチャンスの時でもあった。そんな彼らの「今」を、フォトグラファー・小林光大がメンバーのプライベートから練習風景まで、数ヶ月に渡って密着。

渾身のドキュメンタリー作品を完成させた。小林と角舘はもちろん、プロジェクトメンバー全員がぶつかり合って出来上がった、ひと夏の結晶のような作品だ。

「不思議な縁で集まった男4人が、バンドとして音楽をやる……そのこと自体のおかしさ、ロマンみたいなものを撮りたかった」
(Kodai Kobayashi)

「自分のことは分かっているようで分からないことが多いけど、それでも分かろうとしていくことが「自分」なんだなって思った。」
(Kengo Kakudate/Vo.)

next》 10月、激変する中国のユースに映るミツメ