[WWW PEOPLE]D.A.N. presents TIMELESS、2018年・東京の音楽

photography_So Hasegawa

[WWW PEOPLE]D.A.N. presents TIMELESS、2018年・東京の音楽

photography_So Hasegawa

今日はなに着てこうかな。外はうだるような暑さだから必然的にラフな格好で、でももちろんシンプルななかにこだわりも込めて。だって引き算ばかりじゃ楽しくないし…とか考えるところから楽しい。音楽好きが集まる渋谷のライブハウスWWW / WWW X / WWWβを舞台にした月イチスナップ連載、第14回:D.A.N. presents TIMELESS編です。

今の東京を象徴する音を鳴らせるスリーピースバンド、D.A.N.による自主企画シリーズ「TIMELESS」の3回目は、彼らの2ndアルバム『Sonatine』(傑作!)の発売日に開催された。ゲストにjan and naomiを迎えての、ディープに漂う一夜だ。

jan and naomiは、ニクい。その立ち振る舞いも、サイケデリックな音色も、ダウナーな色気も、どれもこれも。深くでたゆたうそれは、サッドコア以降の感触で、甘く、鋭い。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが今の東京に暮らしていたなら、こんな音楽を鳴らしていたのかもしれないな、などと夢想しているうちにライブは終える。そこここに落ちていく余韻がまたいい。

D.A.N.は、その一音一音に意図があり、綿密に構成されていて、なおかつ生々しさも獲得している。インディR&Bとロウハウスとベース・ミュージックの境界上で、互いに溶け合いながらも浸食しあうことなく、D.A.N.だからこそ、の音楽を鳴らせている。熱量のある、それでいてクールな。身体にも記憶にも訴えかける官能的な音楽。それは、そのへんにいそうな東京の若者たちの鳴らす、特別な音楽だ。アンコールは『Sonatine』のラスト曲を飾る「Orange」、その微熱さにはまりこんだまま、あるいは感傷的に、渋谷の街を抜けて帰路につくのだ。

MONTHLY QUESTIONS

Q1. 年齢
Q2. 職業
Q3. 今日のコーディネートのイチオシアイテム
Q4. 夏にこそ食べたいカレー

KALINA : @kalinaleonard

Q1. ? Q2. モデル / フォトグラファー Q3. トロントで2ドルで買ったタンクトップ Q4. 中目黒のレッドブック

中谷旗斗 : @takato877

Q1. 22歳 Q2. 大学生 Q3. リーバイス シルバータブ Q4. 新宿ガンジー

釣部実佳

Q1. 23歳 Q2. 会社員 Q3. カバン(古着) Q4 立川駅のレインボウスパイス

あんちゃん : @anjuyasiro

Q1. 29歳 Q2. エステティシャン Q3. 手づくりネックレス Q4. 高円寺のネグラ(妄想インドカレー)

THIS MONTH’S EVENT

『D.A.N. presents TIMELESS #3』

2018/7/18(Wed) at WWW X

LIVE:D.A.N. / jan and naomi